健康とは

日記はあまり書き慣れていなので、どことなく報告書風になってしまいますね。
アンネ・フランクは友達に語りかけるように日記を書いたそうですね。
SNSのお友達から慰められることも多かったので、今日は健康についてひとつ。
短いですが、自分の半生を振り返ってみますと……荊の道だったようにも思います。
二十歳前に上京し、それから3年間関東の会社でSEとして働いていましたが、上司や仕事内容・就労条件が合わず、半年間の休職を経て退職しました。退職届を出しに行った日のことはあまり覚えていませんね。自律神経が乱れて、夜も満足に眠れていなくて、めまいでふらふらしていたので。
それから、地元に帰り家族の元でアルバイトに採用されたのが去年の事。某本屋さんの店員でした。が、実際は古着を売る方の担当に回されたので、まぁ、そのあたりからもしかしたら順当は狂っていたかもしれませんが。そこでも一年と半年頑張り、シフトマネージャークラスには昇格できたものの、やはり、人間関係と体調の悪化から店長に退職を薦められました。今度は、自律神経失調症に逆流性食道炎、メニエール病。また、ダニからくるアレルギーでした。咳をしても一人なんてよくいうけど。咳をすると頭が揺れて眩暈。が私の場合。
それからは、細々とライターの真似事をしながらも物書きと求人を探す日々です。あと一年もすればアラサ―の仲間入り……。まだまだと思いつつも、着々と迫っている刻限に焦らずにはいられない。そんな日もあります。病院通いを続けながらも、よくなっていくことを信じて……今は生きてます

キャンディー・キャンディー

昨日からずっと頭が痛い。。。

これはあれか、天罰が下ったのか!?
神様は基本いじわるっていうのは本当かもしれない。あの程度のことで罰を下すなんて。……いや、その考えが既にアウトなのかも。

というのも実は私、昨日キャンディの包み紙をうっかりポイ捨てしてしまったのです。
ぴーって破った時の、小さい方のやつ(分かります?)。

奇しくも昨日は風の強い日。指からすり抜けてあれよあれよという間に見えなくなってしまったのだ。
呆然と見送るしかなかった私の間抜け面といったら……。

私のポリシーは「ポイ捨てダメ、絶対」。けれど昨日はどうしようもなかった。不可抗力だったのだ!
……と自分に言い訳しても頭痛が治るわけでもなく。

あーいたい。治る気配もないわ。
まるで頭の中に意地悪な小人がいて、ちっちゃなハンマーでガンガン叩いているみたい。
きっととてつもなく、憎ったらしい顔をしているに違いないわ。眉毛が太くて目は黄色で、ところどころ歯が欠けていて……なんて。

こうしちゃいられない。私は頭を押さえながらゆっくりと立ち上がった。

悪いことをしたなら、善いことをして中和しなければ。

というわけで、今から外に繰り出してきます。もちろん、キャンディーは家に置いて。

はあ、しばらくキャンディーは禁止にしよ。

ギター教室、三味線教室

女性がよくやっているように思えます。幼児相手の音楽教室だとか、普通に書道教室だとか、男性に多いのは、三味線やギター教室でしょうか。
へーと思いながら見ていましたけれど、以前新聞に載っていたように、地元では有名な教室というのはあるのでしょうね。
サイトでは出ているけれど、単にピアノ教室というだけでは、出てこないようなローカルの教室というものですね。

近所だと、Sさんのやっているギター教室というものがあります。これは地元の人しか知りませんが、順調にやっているようです。先生には嫌われたのか、何故か教えてくれなかったのですが、それでも、ギター教室としては成功しているように思えますね。嫌われたというのは考えすぎですね。
とはいえ、私だと何が良いのだろうと思うと、やっぱり三味線教室ではないかというのが、一般的な意見でしょうか。
自分の体調を考えると、三味線教室だとか、書道教室だとか、教室の良い所って、自分で時間日にちなどを決める事が出来るという所でしょうかね。
それが出来るのと、お免状やどこそこ音大卒という看板を持つのは、比較的、出来る人には難しくなく、私もその一人です。
音大は分かりませんけれど、世間が思うより難しくはないと思います。